組合の概要

ハイパーガード加工とは(洗えるシルク)

ハイパーガード加工ロゴ

絹の持つ特性(優美な光沢しなやかさ着心地の良さ)はそのまま、 欠点(スレやすい、しわになりやすい、縮みやすい)を解消した新しい絹。

ハイパーシルク

ハイパーシルクとは、縮みにくく、またしわにもなりにくいんです。例えば、ブラウス。クリーニングに出さなくても、普通のおしゃれ着と同じ様に洗って、後は、かるーくアイロンをかければそれでOK!ただし、縫製などによってはドライでお願いします。着物でも縮みにくいから雨でも不安なく着ていけます。

精練を終えた絹白生地に加工をします。ニット製品の加工は出来ません。染色品は不可能です。ただし、特別な堅牢染の場合には可能なこともありますので別途ご相談ください。 少々濃く染まる傾向にあり、染色堅牢度も少し向上します。

ハイパーガード加工品

未加工品絹の持ち味を長く保ちます。特に“スレ”の発生を防止します。したがって、洗濯による“しわ”の発生が少なくなります。黄褐色の防止効果がありますが、ハイパーシルクもシルクですからアルカリに弱く、石鹸のようなアルカリで処理すると黄褐変が促進されます。絹の風合い、手触り、着心地を長く保ちます。ハイパーガードで絹繊維内部に取り込まれた成分によって崇高くなりますので、織物設計へフィードバックして、それなりの設計をしてください。縮みを防止します。但し、強撚糸織物で大きな収縮力を持つものは完全に縮みを止めることは出来ません。

未加工品の写真 ハイパーガード加工品の写真