丹後ちりめん

知って得するきもののいろは

応急処置

きものは汚さないことが一番ですが、チョットした汚れはいくら気を付けていてもついてしまいます。放っておくと、あとからの処置が困難になり虫もつきやすくなりますので、シミがついたらすぐに手当をすることが必要です。しかし、自信のないものは専門家にまかせる方が安心です。購入したお店の方に相談してみてください。特に香水のシミ、眉ずみの汚れ、インク、ペンキなどはすぐに専門家へ。また、シミ抜きしたあとの湿り気は、霧吹きしてぼかし、乾いたタオルで湿気を取り、乾燥してからアイロン仕上げをしましょう。こうすると輪じみができる心配もありません。

食べ物のシミ

ジュース、ビール、酒水、又は中性洗剤でしぼった布で軽くたたく。

卵黄、卵白熱湯は禁物。ぬるま湯で拭いたあと、中性洗剤で拭く。

牛乳ベンジンで拭いたあと、中性洗剤でしぼった布でたたく。

ケーキちり紙などで拭き取り、ベンジンで拭いたあと、中性洗剤でしぼった布でたたく。

ガム氷で冷やし、はがし取り、中性洗剤でしぼった布でたたく。

分泌物のシミ

衿垢ベンジンをタオルかガーゼに含ませて拭き取る。

アンモニア水に浸してしぼったガーゼで、汗の部分を裏からたたく。(あとから必ず水ぶきをすること)

血液ぬるま湯でといた中性洗剤溶液をしぼった布でたたく。(あとから必ず水ぶきをすること)

その他

泥はね乾かしたあと、ヘラかブラシで軽くこすり落とす。

カビブラッシングして布で拭く。

口紅あて布をしてアルコール又はベンジンでたたく。そのあと、中性洗剤でしぼった布でたたく。

墨汁下布を当てちり紙などで吸い取り、シミが広がらないようにしてから、水か中性洗剤でしぼった布で軽くたたく。

※これはあくまで応急処置です。最後はやはり専門家にまかせましょう!!

その他の汚れの処置

帯〆、羽織紐歯ブラシにベンジンをつけ、軽く拭く。

半衿板の上で、はけ洗いする。揉んだり、絞ったりすると小ジワがとれなくなるので注意。

足袋履いたままブラシでこすって洗うときれいになる。手で叩いてシワを取り、裏返して干し、生乾きのときアイロンをかけ、中央の縫い目を山に内側に折って中表に合わせてしまう。

草履布製の草履は柔らかな布で、ビーズの草履はブラシで埃を落とす。鼻緒の裏も忘れずに。

布製バッグビロードで拭く。