お知らせ

2019丹後きものまつりin天橋立 前夜祭 ナイトクルーズ&ディナー(10/19開催)のご案内

2019年10月09日

事務局

2019丹後きものまつりin天橋立 前夜祭
ナイトクルーズ&ディナー

令和元年10月9日
丹後ちりめん創業300年事業実行委員会

 丹後ちりめん創業300年事業実行委員会では、例年開催の丹後きものまつりin天橋立の前夜祭として、来る10月19日(土)に「ナイトクルーズ&ディナー」を開催しますのでお知らせします。また、10月19日(土)~20日(日)に、織物事業者による丹後のテキスタイルの展示販売なども開催しますので、ぜひお越し下さい。


○日 時 10月19日(土)17:00~21:30
○場 所 カフェ・デュ・パン千歳(宮津市字文珠468-1)
○定 員 先着50名様
○料 金 6,500円
○申込先 天橋立ワイナリーへ 電話申し込み(TEL:0772-27-2222)
○スケジュール

 16:30  お客様受付(カフェ・デュ・パン千歳 入口)
 17:00  ナイトクルーズ(シャンパン1ドリンク付き)
 18:00  「紡ぐ」 TANGO OPEN ビュッフェ(1ドリンク付き)
      カフェ・デュ・パン千歳 & 和久傳ノ森 工房レストランwakuden MORI
      (料理長:関戸秀史氏)特別メニュー
 18:40~19:10  スペシャルトークショー
      出演者:シーラ・クリフ氏、越智和子氏
      ・テーマ:KIMONOと世界と丹後
      ・コーディネータ:安田織物株式会社 安田章二氏
 19:40  プロジェクションマッピング披露
 20:00  TANGO OPEN Bar (一般当日客受け入れ) イン、日本酒、他
      特別参加 Bar Belini (ソフトドリンク、カクテル)
      ミルク工房そら(丹後産チーズ)
      Live BGM (青木隼人 AOKI,hayato)
 21:30  終了

◇スペシャルトークショー
きもの愛好家、研究家であるシーラ・クリフ氏から KIMONOの魅力と、これからの KIMONOの在り方に ついてのお話を。また、丹後をはじめ、近江、沖縄など織物産地の再生活動に注力して来られ地方の活性化について研鑽を重ねておられる越智和子氏から丹後の織物の可能性とこれからの丹後織物の在り方について、お話しいただく。双方の立場から丹後の魅力、これからについて意見交換していただく。

 

<トークショー出演者プロフィール>
着物研究家 シーラ・クリフ氏
イギリス生まれ 1985年より日本在住。
着物を愛し、1年の大半を着物で暮らす。埼玉の十文字学園女子大学教授として英語と着物文化を教える傍ら、本の執筆や国内外の着物展覧会、ファッションショーの企画・プロデュースを行うなど幅広く活躍中。
布プロデューサー 越智和子氏
大阪を拠点に、自らが日本各地を巡り出会った手仕事の布の魅力を伝えるブランド「楽居布」を展開。2007年にはフランス・パリで開催されたジャパンブランド丹後テキスタイル展のアートディレクターとして参加し、その後、丹後の織物発展に関わり、百貨店、ギャラリーで、和洋を超えた丹後テキスタイルを訴求している。

 

◇Live BGM
青木隼人氏  AOKI,hayato
1978年生まれ。
ギター演奏を中心に音楽を続ける。
自主レーベル「grainfield」から作品をリリース。自身でジャケットのデザインも手がける。ソロでの活動のほか 森ゆに、田辺玄との「みどり」、川井有紗、にしもとひろことの「森のはなし」でも活動中。

 

◇丹後テキスタイルのインスタレーション販売会
10/19(土)20(日)各日10:00~16:30
場所:カフェ・デュ・パン 千歳(宮津市文珠)
内容:織物事業者による丹後のテキスタイルの展示販売
シルクのTango textileを使って展示販売
運河沿いの光と風のなかに心地よい空間を演出
シルクの森で記念写真はいかがですか

 

※観光庁「令和元年度最先端観光コンテンツ インキュベーター事業」の選定事業です。

 

【報道資料】きものまつり前夜祭について(PDF/580KB)

きものまつり前夜祭についてチラシ(PDF/648KB)

きものまつり前夜祭について英語版チラシ/zenyasaflyeri-English(PDF/774KB)

 

#amanohashidate_night

 

【お問合せ】
丹後ちりめん創業300年事業実行委員会 事務局
〒629-2502 京都府京丹後市大宮町河辺3188(丹後織物工業組合内)
TEL:0772-68-5222|FAX:0772-68-5300
300info@tanko.or.jp