お知らせ

日本遺産に認定されました~300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊~

2017年05月01日

事務局


京都府が丹後地域の2市2町(宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町)及び関係団体と協力して国に申請しておりました、『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』が、「日本遺産(Japan Heritage)」に4月28日に認定されました。

4月28日に丹後織物工業組合にて「日本遺産」認定セレモニーを行いました。

『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の概要

【ストーリーの概要】

京都府北部の丹後を訪れると、どこからか聞こえてくるガチャガチャという機織りの音。
丹後は古くから織物の里であり、江戸時代に発祥した絹織物「丹後ちりめん」は、しなやかで染色性に優れ、友禅染などの着物の代表的な生地として、我が国の和装文化を支えてきた。
この地は今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地であり、織物の営みが育んだ、住居と機場が一体となった機屋や商家、三角屋根の織物工場の町並みと、民謡宮津節で歌い継がれた天橋立などの象徴的な風景を巡れば、約300年に渡る織物の歴史と文化を体感できる。

京都府ホームページリンク( 外部サイトへリンク )

【関係市町村】

宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町の2市2町

今回の認定を契機に、2020年の「丹後ちりめん」創業300年に向けて海の京都DMOを中心に、「丹後ちりめん」等の丹後地域の織物の歴史や文化を活用した観光誘客や織物産業の振興等を図る。

【日本遺産(Japan Heritage)の概要】

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定。ストーリーを語る上で欠かせない魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって、総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することで、地域の活性化を図ることを目的に、平成27年度に制度化されました。

文化庁ホームページリンク ( 外部サイトへリンク )

 

【認定件数(平成29年4月現在)】 

54件(申請件数:229件)(2020年までに約100件程度を認定)

【京都府内の認定状況】

 ・ 『日本茶800年の歴史散歩』~京都・山城~
山城地域12市町村(平成27・28年度)
 ・ 『鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~ 』
舞鶴市(呉市・横須賀市・佐世保市との共同申請)(平成28年度)

 

【認定されたストーリー『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の詳細】 

 京都府ホームページリンク(外部サイトへリンク)                      

『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』のストーリー(PDF:555KB)

『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の構成文化財の位置図(PDF:948KB)

『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の構成文化財の一覧(PDF:370KB)

『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』の構成文化財の写真(PDF:3,705KB)