お知らせ

感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方について

2020年04月10日

事務局

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方や、その疑いがある方などがご家族にいる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、以下の『ごみの捨て方』に沿って、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」、そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう。

 

『ごみの捨て方』
1.ごみ箱にごみ袋をかぶせます。
2.ごみ袋がいっぱいになる前に、ごみに直接触れないようしっかりしばって封をします。
3.ごみを捨てた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。

 

・『ごみの捨て方』に沿っていただくことにより、ご家族だけでなく、皆様が出したごみを扱う収集業者の方にとっても、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどの感染症対策として有効です。

・ごみを捨てる際は、お住まいの地域のルールに従うとともに、ポイ捨ては絶対にやめましょう。使用済みのマスクを捨てる際にも、『ごみの捨て方』を参考に、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」、そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ことに注意しましょう。

 

新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方 (PDF/ 561.4KB)