京都府丹後ちりめんの里、丹後織物工業組合です。白生地、絹製品、和装小物、セリシンなど紹介。組合員のリンク、白生地生産数量などの資料も有ります。
創業300年






丹後きものまつり




     
     
  明治18年     丹後縮緬同業組合 設立(同業組合準則)
 
  明治20年     丹後縮緬同業組合 解散
 
  明治21年     丹後縮緬業組合 設立(京都府令第31号)
 
  明治23年12月 丹後縮緬業組合 解散
 
  明治25年     与謝郡、中郡、竹野郡、熊野郡の各郡に縮緬同業組合 結成
(京都府令第46号)
 
  明治26年     丹後縮緬業組合連合会 結成
 
  明治28年     丹後縮緬業組合連合会 解散
 
  明治31年     与謝郡、中郡、竹野郡、熊野郡の各郡に丹後縮緬同業組合 結成
(重要輸出品同業組合法)
 
  明治32年     丹後縮緬四郡同業組合連合会 結成
 
  明治34年     丹後縮緬同業組合連合会へ組織変更(重要物産同業組合法)
 
  大正10年     丹後縮緬同業組合連合会 解散
 
     〃   10月 丹後縮緬同業組合 設立
 
  昭和 6年11月 丹後縮緬工業組合 改組
 
  昭和17年 7月 丹後織物工業組合 名称変更
 
  昭和19年 3月 丹後織物統制組合 改組
 
  昭和20年 9月 丹後織物統制組合 解散     丹後織物協同施設組合 設立
 
  昭和22年 3月 丹後織物工業協同組合 改組(商工組合法)
 
  昭和24年 9月 丹後織物工業協同組合 改組(中小企業等協同組合法)
 
  昭和29年10月 丹後輸出向絹人絹織物調整組合 設立(中小企業安定法)
 
  昭和30年 1月 丹後内地向絹人絹織物調整組合 設立(中小企業安定法)
 
  昭和31年 5月 丹後絹人絹織物調整組合 設立
 
  昭和33年 4月 丹後絹人絹織物工業組合 名称変更
 
  昭和38年 4月 丹後織物工業組合 改組(中小企業団体の組織に関する法律)
 
    現在に至る